建物耐震診断・改修

耐震診断はなぜ行うのか?

耐震診断はなぜ行うのか?

 我が国では、これまで多くの地震が起こり、また、大きな被害がもたらされています。
近年では、阪神・淡路大震災以降から、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震等大規模な地震が発生しており、昭和56年5月以前着工の建物、現行基準と比較すると耐震性能が一般的に低い、いわゆる旧耐震建物に、大きな被害が生じています。

 マンション再生にあたっては、まず耐震診断を行い、その結果を踏まえて快適に住み続けるために「修繕・改修」により対応するのかそれとも「建て替え」を行うかを比較検討することをお勧めします。

耐震改修とは?

 耐震診断の結果、耐震性能が不十分の場合、地震から居住する人の生命・財産を守り、地震が発生したときの被害防止のために、適切な改修補強を行います。

URリンケージは

 木造建築物を除く鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨・鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断・改修の一連を私たち専門家がサポートします。

●【耐震診断・改修フロー】

耐震診断・改修フロー

業務実績等

  • 東京都A団地50.52.53号棟耐震改修実施設計

  • 千葉県B市街地ビル耐震改修実施設計

  • 埼玉県Cビル耐震診断業務

  • その他検討業務含め多数

マンション再生ご相談窓口 株式会社URリンケージ事業企画室 お問い合わせフォームはこちら

お気軽にお問い合わせください。
団地・マンション再生ラボ URリンケージの役立つ情報サイト
いいまちづくり、コンサルティング まちづくりの流れとコンサルティングメニュー 構想段階から事業の実施段階まで、まちづくりをトータルサポートするURリンケージのコンサルティングメニューを解説します。

Copyright©2015 URLinkage Co., LTD All Rights Reserved.