土壌汚染対策

土壌汚染対策手法等の検討

 近年、地球温暖化といった環境問題がクローズアップされ、都市整備においても、持続可能な循環型社会の実現に向けて、より環境に配慮した事業を進め、環境負荷を低減することが求められています。

 また、土地売買や都市の開発・整備に伴う土壌汚染に関する問題も顕在化してきています。土壌汚染対策法(H15.2施行、H22.4改正)や各自治体の条例等の施行により、土壌汚染の調査・対策の方法等が示されましたが、その対策工法として、最もコストが高く、環境負荷の面からも好ましくない「掘削除去」が偏重して選択されたため、環境問題に加え、ブラウンフィールド問題(土壌汚染の存在が原因となり、汚染した土地の売買や開発が行われず低未利用地となってしまう問題)等の新たな問題も生じてきています。

 URリンケージでは、土壌環境の負荷低減を実現する土壌汚染対策手法の検討、土壌汚染地の特性に応じた対策方法の検討など、「掘削除去」に拠らない、環境負荷低減のための土壌汚染対策の検討業務を行っています。

 また、ブラウンフィールド再生のための方策検討やその実現に向けての新たな事業スキームの検討など、新しい課題への対応業務も行っています。

●【実際の汚染サイトをモデルとした環境配慮型土壌汚染対策案】

【実際の汚染サイトをモデルとした環境配慮型土壌汚染対策案】

お気軽にお問い合わせください。
団地・マンション再生ラボ URリンケージの役立つ情報サイト
いいまちづくり、コンサルティング まちづくりの流れとコンサルティングメニュー 構想段階から事業の実施段階まで、まちづくりをトータルサポートするURリンケージのコンサルティングメニューを解説します。

Copyright©2015 URLinkage Co., LTD All Rights Reserved.