【事例紹介】明日香村阪合土地区画整理事業(西日本支社)

株式会社URリンケージは奈良県明日香村阪合(さかあい)地区の一部(約1.22ha)において、地権者からの同意を得て「明日香村阪合土地区画整理事業」(平成29年4月25日認可取得)に着手しました。本事業は合併後の弊社にとって、施行者となる初めての土地区画整理事業です。

本事業は、明日香村の意向により、小学校跡地を利活用して、歴史的風土に配慮した魅力ある住宅地形成を計画的に誘導し、子育て世代を中心とした新たな住民を呼び込むことにより定住人口の増大を図るなど明日香村にふさわしいまちづくりを目指しています。

村本建設株式会社主催の安全祈願祭で鋤入れを行う弊社板井西日本支社長(2017年5月15日)

1 事業の経緯

明日香村阪合地区における良好な市街地景観形成のあり方について調査審議するため、明日香景観委員会のもとに「阪合地区市街地景観形成検討専門部会」が設置(2015年1月8日)され、同専門部会最終回(2016年3月2日)において、古都法等の趣旨に沿った明日香村らしい住宅地創りをすること、周辺集落等の景観と調和した新しい「集落」づくりを行うこと、さらに周辺市街化促進のモデルケースとすることが必要とされました。

それらを踏まえ、株式会社URリンケージ(当時、株式会社URサポート)が、開発に関する検討を開始することとなりました。約1年間の検討結果を受けて、明日香景観委員会(2017年3月21日)において、阪合地区公有地等住宅開発事業について諮問答申され、2017年3月31日に施行認可申請を行いました。

2 土地区画整理事業の概要

事業名称:明日香村阪合土地区画整理事業
施行者:株式会社URリンケージ
※土地区画整理法第3条第1項(個人施行:同意施行型)
施行面積:約1.22ヘクタール
総事業費:約2.8億円
計画人口:約100人
施行期間:2017年4月25日~2018年3月31日(予定)

位置図

計画図

3 事業スケジュール

2017年4月25日土地区画整理事業の施行認可取得
2017年5月仮換地指定・造成工事着手
2018年1月宅地の使用収益開始・換地処分(予定)
2018年3月事業終了認可(予定)

戻る

お気軽にお問い合わせください。
団地・マンション再生ラボ URリンケージの役立つ情報サイト
いいまちづくり、コンサルティング まちづくりの流れとコンサルティングメニュー 構想段階から事業の実施段階まで、まちづくりをトータルサポートするURリンケージのコンサルティングメニューを解説します。

Copyright©2017 URLinkage Co., LTD All Rights Reserved.